弁護士、裁判官、検察官の法曹三者になるための国家試験のことを指します。司法試験の合格率は3%前後と、国内の資格試験ではトップクラスの難しさです。
司法試験の概要・試験内容

企業や各種法人の監査業務を独占的に行うことが出来る唯一の国家資格。監査業務とは、企業や法人の財務諸表から決算などにおける不正を監視し、そこにかかわるずべての人の利益を守る重要な任務です。
公認会計士の概要・試験内容

企業や個人事業主に代わって税の申告や申請、請求、不服の申し立てを行う「税務代理」、税務申告書や申請書などの書類を作成する「税務書類の作成」、そして「税務相談」という3つの独占業務が税理士の基本的な仕事です。
税理士の概要・試験内容

社会保険労務士は「人」の採用から退職までの労働・社会保険に関する手続きを行う、人事や労務のエキスパートです。
社会保険労務士の概要・試験内容・通信講座

運転免許更新や営業許可、交通事故証明、出入国手続き、金融公庫への融資の申し込み、建設業許可、法人の設立など、行政庁の許可や認可が必要な1万種類以上の書類作成や手続きを代行するのが行政書士の主な仕事です。
行政書士の概要・試験内容・通信講座

産業財産権の出願や権利の侵害に関する審判請求などの独占業務を行うのが弁理士。産業財産権とは、発明品の特許や実用新案権、意匠権、商標権などのことを言います。
弁理士の概要・試験内容

裁判所や法務省に提出する書類の代行を独占的に行うのが司法書士です。家屋や土地などを購入した際に行う不動産登記、株式会社設立の際の法人登記などが、よく知られていますね。
司法書士の概要・試験内容・通信講座

アメリカにおける公認会計士で、監査業務のほかファイナンシャルプランニング、コンサルティングなどの幅広い分野で活躍する。企業のグローバル化が進む中で、経済的に関わりが多いアメリカの制度は、日本の企業にとっても無視できない。
米国公認会計士(CPA)の概要・試験内容・通信講座

日本の税理士が担う役割と同じで、アメリカでの申告代理業務を扱う仕事。申告代理業務事態は、公認会計士でも行うことが出来るが、公認会計士が州の資格であるのに対し、米国税理士は全米に対応した資格。
米国税理士(EA)の概要・試験内容

労働安全コンサルタントは、事業者の依頼に基づいて、労働環境の安全・衛生について診断し、不備があれば指導したり、相談に応じて改善計画や再発防止策の提案や報告書作成などを行う仕事です。労働安全関連の法的知識が身に付くので、建設関係の受験者が非常に多く、建設業界では転職にとても有利な資格です。
労働安全コンサルタントの概要・試験内容

MBAは、経営幹部の育成を目的としたアメリカで生まれた資格で、ビジネススクールの修士課程を修了すると与えられる資格です。実務を3〜5年経験した人が、キャリアアップを目指して取得するケースが多いです。
MBA(経営学修士号)の概要・試験内容

資格取得でスキルアップ
独立・開業に役立つ資格 金融・保険系の就職に役立つ資格 IT系・パソコンの資格 医療・福祉の就職に役立つ資格
土木・建築・不動産の資格 環境系の資格 旅行会社や貿易に関係する資格 事務や秘書、簿記などの資格
英語など語学系の資格・検定 飲食系の仕事に関わる資格 動物と関わる仕事・就職に役立つ資格 趣味などを生かした資格
英語など語学系の資格・検定 販売・生活・サービス系の仕事に関わる資格 国際系の仕事に関わる資格