ビジネスの世界では、さまざまな分野で諸外国へのアウトソーシングが一般的となってきた現在、英語能力の必要性は非常に高くなった。TOEICは「Test of English for International Communication」の略で、アメリカの非営利テスト開発機関Educational Testing Service(ETS)によって開発・製作されている。10〜990点までの5点刻みのスコアで評価されるが、就職・転職、キャリアアップに役立てたいなら、730点以上のスコアを目指したい。
TOEICテストの概要・試験内容・通信講座

TOEFLは、Test of English as a Foreign Languageの略で、非英語圏に住む英語を母国語としない人たちを対象として、英語能力を試す全世界で実施される国際的な試験。TOEFLのスコアは、数多くの大学で採用されており、海外留学を考えている人には必要な試験といえる。主催団体はTOEICと同じ、アメリカのETS。
TOEFLテストの概要・試験内容

「英検」の名で、日本人にとってなじみのある検定ですね。1級〜5級まで7つの級に分かれ、3級以上では一次試験合格後に、二次試験のスピーキングテストが実施される。高校卒業までに準2級もしくは2級合格を目標としている高校が多い。企業で生かしたいなら、2級以上の取得が望ましく、TOEIC、TOEFLで高得点を取得するとさらに英語力をアピールできる。
実用英語検定(英検)の概要・試験内容

近年、日本企業の海外取引において中国は大きな市場となっている。中国市場と日本企業との関係が今後も強くなっていくことを考えると、中国語を使える人材ニーズは高まると予想される。中国語検定試験は、1級、2級、準2級、3級、4級、準4級の6段階が用意されているが、1級は超難関である。
中国語検定試験の概要・試験内容

日本と地理的にも近く、多方面で国際交流が行われている韓国。ビジネスの面でもボランティアなどの民間レベル、趣味などなどハングルを使う機会は少なくない。「ハングル」能力検定は、1級、準1級、2級、準2級、3〜5級の7段階が用意され、1級は合格率10%を切る超難関である。
ハングル能力検定の概要・試験内容

医療や製薬業、科学技術などといった分野では、ドイツ語の文献に触れる機会が多く、ドイツ系外資企業の日本進出も増えてきている。ドイツ語技能検定は1級〜4級までが用意されており、1級、2級は難易度が高いものの、仕事に生かすなら是非トライして欲しい。
ドイツ語技能検定の概要・試験内容

フランス語を使用する国には、アフリカの多くの地域やスイス、ベルギーなど広範囲に及ぶ。英語の習得が広く浸透した今、フランス語も話せるとなると、企業へのアピールポイントとなることは必須である。実用フランス語技能検定試験には、1級、準1級、2〜5級が用意され、ビジネスで生かすなら難易度はかなり高いが、1級の習得を目指したい。
実用フランス語技能検定試験の概要・試験内容

日本での国際会議や国際行事、外国人との交流の場で通訳として確約するための英語での通訳能力の証明として有効な資格。国内で最も難しい語学資格試験として有名です。
通訳技能検定・ボランティア通訳技能検定の概要・試験内容

翻訳者を目指す人に注目される試験。多国籍化が進む日本企業の業務内容に伴い、ニーズが高まる産業翻訳。企業内の翻訳関係部門や通訳者の派遣会社に登録するといったときに、翻訳技能検定試験は有利となります。
翻訳技能認定試験の概要・試験内容

イギリスのケンブリッジ大学が開発した英語検定。ヨーロッパでの評価が高いことから、ヨーロッパの企業へ就職しようと考えている人や、留学しようとしている人は挑戦して損はないであろう。レベルは、CPE、CAE、FCE、PET、KETの5段階。就職に役立てようと考えているなら、FCE以上の合格を目指したい。
ケンブリッジ大学英語検定試験の概要・試験内容

国際英検とも呼ばれ、日本国際連合協会が主催している英語能力検定。試験内容は国連に関係したものが多く、外交官、国際公務員をはじめ、国際機関への就職を考えている人には必要な英語検定と言える。レベルは特A、A〜E級の6段階で、比較的問題量が多く、上級レベルでは速読力も要求される。B級以上を目指すなら英作文や面接試験があるので、書く・話す能力を磨いておく必要がある。
国際連合公用語・英語検定試験(UNATE)の概要・試験内容

工業英語能力検定試験は、工業系の技術分野での英語能力を試験する検定で、日本工業英語協会によって認定される。専門用語も多い工業用英語では、同じ単語でも違う解釈をすることが多く、一般的な英語力ではその意味を正確に理解できない場面が多々ある。工業英検は、実務に必要なテクニカル・ライティングの力が身につき、科学技術のほか契約書や特許に関する法律系の英語、技術的な広告宣伝のコピーなども含まれる。1級から4級までの4段階が用意され、企業で役立てたいなら2級以上の取得を目指したい。
工業英語能力検定試験の概要・試験内容

外国人旅行者が増加した現在、これに関連するビジネス、旅行・観光・ホテル・レストランなどでは英語を必要とする業務も増えた。観光英語検定試験は、一般的な英語能力だけでなく前述の業界内で、業界独特の言い回しや専門用語など、英語技術の向上を目的とした試験。苦情や謝罪、出入国の手続きやよく使われる略語など、実際に業務の中で通用する英語を問う問題が多い。
観光英語検定試験の概要・試験内容

翻訳業界で、さまざまな分野の最新情報を正確、かつ新鮮な文章で翻訳できる能力を評価する試験。最新の情報や、実務に即した出題が特徴で、翻訳の最前線で活躍するプロが採点、評価を行っている。1級〜5級までのレベルがあるが、翻訳家を目指すなら2級以上の取得を目指したい。
ほんやく検定(JTF)の概要・試験内容

業務として旅行業に就いている人にとって、英会話ができることは必須です。旅行業英語検定試験は(株)ジェイティービー能力開発の主催する民間資格で、一般的な認知度は低いですが旅行業界ではよく知られた資格です。A〜Dの4つのレベルに分けられ、認定度Aの場合、実用英検の1〜準1級に相当し、高度の添乗業務や海外駐在が支障なく出来るレベルとなります。キャリアアップのほか、旅行業界への就職・転職にも有利な資格です。
旅行業英語検定試験の概要・試験内容

資格取得でスキルアップ
独立・開業に役立つ資格 金融・保険系の就職に役立つ資格 IT系・パソコンの資格 医療・福祉の就職に役立つ資格
土木・建築・不動産の資格 環境系の資格 旅行会社や貿易に関係する資格 事務や秘書、簿記などの資格
英語など語学系の資格・検定 飲食系の仕事に関わる資格 動物と関わる仕事・就職に役立つ資格 趣味などを生かした資格
英語など語学系の資格・検定 販売・生活・サービス系の仕事に関わる資格 国際系の仕事に関わる資格