弁護士、裁判官、検察官の法曹三者になるための国家試験のことを指します。司法試験の合格率は3%前後と、国内の資格試験ではトップクラスの難しさです。
司法試験の概要・試験内容

企業や各種法人の監査業務を独占的に行うことが出来る唯一の国家資格。監査業務とは、企業や法人の財務諸表から決算などにおける不正を監視し、そこにかかわるずべての人の利益を守る重要な任務です。
公認会計士の概要・試験内容

企業や個人事業主に代わって税の申告や申請、請求、不服の申し立てを行う「税務代理」、税務申告書や申請書などの書類を作成する「税務書類の作成」、そして「税務相談」という3つの独占業務が税理士の基本的な仕事です。
税理士の概要・試験内容

社会保険労務士は「人」の採用から退職までの労働・社会保険に関する手続きを行う、人事や労務のエキスパートです。
社会保険労務士の概要・試験内容・通信講座

運転免許更新や営業許可、交通事故証明、出入国手続き、金融公庫への融資の申し込み、建設業許可、法人の設立など、行政庁の許可や認可が必要な1万種類以上の書類作成や手続きを代行するのが行政書士の主な仕事です。
行政書士の概要・試験内容・通信講座

産業財産権の出願や権利の侵害に関する審判請求などの独占業務を行うのが弁理士。産業財産権とは、発明品の特許や実用新案権、意匠権、商標権などのことを言います。
弁理士の概要・試験内容・通信講座

裁判所や法務省に提出する書類の代行を独占的に行うのが司法書士です。家屋や土地などを購入した際に行う不動産登記、株式会社設立の際の法人登記などが、よく知られていますね。
司法書士の概要・試験内容・通信講座

経営コンサルタントとして、唯一の国家資格が中小企業診断士。中小企業を強力に支援する、コンサルティングのプロフェッショナルです。2000年度に「中小企業指導法」が「中小企業支援法」に改正されたことによって、よりMBAに近くなったといえます。
中小企業診断士の概要・試験内容・通信講座

さまざまな経済、経営などの情報をもとに、株式や債券といった有価証券の投資について分析し、その価値を評価する専門家が証券アナリストです。
証券アナリストの概要・試験内容

圧倒的なシェアを誇るマイクロソフト社のOffice製品について、製品知識とスキルインストラクションについて認定している資格です。資格認定者には最新情報の提供など複数の特典が用意されています。
マイクロソフトオフィシャルトレーナー【MOT】の概要・試験内容

船舶免許試験の受験申請や、免許申請、更新、再交付手続き、船舶の船籍港に関する手続きや検査関係の諸手続きといった仕事を行うのが海事代理士。
海事代理士の概要・試験内容

通訳というよりもガイドの要素が強い資格。訪日外国人へ旅行に関するガイドが出来る国家資格が通訳案内。この資格がなければ、外国人ガイドをして報酬を受け取ってはならない。英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、朝鮮語、ロシア語の9ヶ国語が認定されています。
通訳案内の概要・試験内容

日本での国際会議や国際行事、外国人との交流の場で通訳として確約するための英語での通訳能力の証明として有効な資格。国内で最も難しい語学資格試験として有名です。
通訳技能検定・ボランティア通訳技能検定の概要・試験内容

翻訳者を目指す人に注目される試験。多国籍化が進む日本企業の業務内容に伴い、ニーズが高まる産業翻訳。企業内の翻訳関係部門や通訳者の派遣会社に登録するといったときに、翻訳技能検定試験は有利となります。
翻訳技能認定試験の概要・試験内容

アメリカにおける公認会計士で、監査業務のほかファイナンシャルプランニング、コンサルティングなどの幅広い分野で活躍する。企業のグローバル化が進む中で、経済的に関わりが多いアメリカの制度は、日本の企業にとっても無視できない。
米国公認会計士(CPA)の概要・試験内容・通信講座

日本の税理士が担う役割と同じで、アメリカでの申告代理業務を扱う仕事。申告代理業務事態は、公認会計士でも行うことが出来るが、公認会計士が州の資格であるのに対し、米国税理士は全米に対応した資格。
米国税理士(EA)の概要・試験内容

建築士には1級建築士、2級建築士、木造建築士の3つに区分されるが、何と言っても独立開業を目指すなら、1級建築士を取得したいところ。1級建築士は、環境デザインや街づくりを担うクリエイティブな資格だが、合格率は1桁と超難関である。
建築士の概要・試験内容

いわゆる"宅建"なる資格で、不動産取引における契約書の作成や、売買・賃貸物件について重要事項の説明を行う役割を担う。不動産業を目指すなら絶対に必要となる国家資格で受験者も多い。独立したいなら、もってて当然の資格といえる。
宅地建物取引主任者【宅建】の概要・試験内容・通信講座

土地家屋調査士は、不動産登記を専門とする国家資格。不動産登記は司法書士も行うが、司法書士が不動産の所有権などの権利を扱うのに対し、土地家屋調査士は不動産の大きさや、建物の種類や構造といった形状に関する登記を行う。有資格者が少なく、独立開業しやすいが、超難関の資格でもある。
土地家屋調査士の概要・試験内容

不動産の適正な価格を鑑定する資格で、不動産の評価や担保価値の算定を独占業務とする。改行した後は安定した収入が期待でき、景気の影響を受けにくい等、メリットは大きい分、超難関の資格でもある。
不動産鑑定士の概要・試験内容・通信講座

技術に関わる人なら誰もが目指す難関資格。21の技術部門に分かれ、1次試験(技術士補)合格と一定年数の実務経験があってはじめて受験資格が与えられる。科学技術の発展に寄与できる人材が求められており、論理間も重要な判断材料となる。
技術士の概要・試験内容

資格取得でスキルアップ
独立・開業に役立つ資格 金融・保険系の就職に役立つ資格 IT系・パソコンの資格 医療・福祉の就職に役立つ資格
土木・建築・不動産の資格 環境系の資格 旅行会社や貿易に関係する資格 事務や秘書、簿記などの資格
英語など語学系の資格・検定 飲食系の仕事に関わる資格 動物と関わる仕事・就職に役立つ資格 趣味などを生かした資格
英語など語学系の資格・検定 販売・生活・サービス系の仕事に関わる資格 国際系の仕事に関わる資格