危険物取扱者:資格取得でスキルアップ!

危険物取扱者
の試験日程・受験資格

一定数量以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の発火性、引火性の強い施設には、危険物を取り扱うために危険物取扱者はいなければならない。
甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。又甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。
丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。一番取得者が多く需要があるのは乙種第4類。

【難易度】
★★☆☆ 合格率30~40%程度

【受験資格】
甲種 
①大学等において化学に関する学科等を卒業した者
②大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者
③乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者
④修士、博士の学位を授与された者で化学の事項を専攻した者(外国の同学位も含む。
工業の教科に関する高校の教員の普通免許状を有する者(教科の専攻科目が化学に関するものであるもの。)

【試験内容】
甲種 ①危険物に関する法令 ②物理学及び化学 ③危険物の性質・火災予防・消火の方法
乙種 ①危険物に関する法令 ②基礎的物理学・科学 ③危険物の性質・火災予防・消火の方
丙種 ①危険物に関する法令 ②燃焼・消火に関する基礎知識 ③危険物の性質・火災予防・
火の方法臭気判定士試験
*試験の一部免除
「他の類の危険物取扱者」「火薬類製造保安責任者」「火薬類取扱保安責任者」などの資格を
持つ場合、消防団員としての勤務5年以上と消防学校で所定の教育を修了している場合。

【受験日程】
各都道府県の支部で違いがあります。お問い合わせ下さい

【受験地】
各都道府県

【受験料】
甲種・・5,000円
乙種・・3,400円(各区分)
丙種・・2,700円

【合格発表】
お問い合わせ下さい

【問い合せ先】
財団法人消防試験研究センター各地方支部
中央試験センター 
 03-3460-7798
 http://www.shoubo-shiken.or.jp/

通信講座で資格取得を目指すなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi