臭気判定士:資格取得でスキルアップ!

臭気判定士
の試験日程・受験資格

 悪臭による環境汚染を測定するため、データから統計学的な手法を用いて臭気指数を算定・統括する臭気指数測定業務の責任者が臭気判定士。環境コンサルタントや測定機関からのニーズが高い。
 有資格者は測定器かん、機械・プラント、化学・医薬品などの企業に勤務する人が多く、過半数が試験、分析、調査・研究業務の実務経験者となっています。基礎知識が全くない状況では試験合格が難しく、理工系の学校で知識を学び、臭いに関する関連企業で実務経験を積むのが一般的です。
 においに関する試験・調査業務や試験・分析をする業務に従事する人なら取得しておきたい国家資格であるといえます。

【難易度】
★★☆☆ 合格率41.8%  ※2006年

【受験資格】
18歳以上(学歴、実務経験を問わず)

【試験内容】

◆臭気判定士試験
①嗅覚概論
②悪臭防止行政
③悪臭測定概論
④分析統計概論
⑤臭気指数の測定実務

◆嗅覚検査
1~5までの番号のついた「匂い紙」から基準臭液のよりにおいの付いた2つを嗅ぎ当てます。

【合格基準】
次の条件を満たすこと
(1) 総合得点率 70%以上
(2) 各科目別最低得点率 35%以上

【受験日程】
臭気判定士試験・・11月中旬~下旬
嗅覚検査・・3月上旬頃

【受験地】
臭気判定士試験・・東京、愛知、大阪
嗅覚検査・・各検査機関で随時実施

【受験料】
臭気判定士試験・・18,000円
嗅覚検査・・9,000円

【合格発表】
12月中旬頃

【問い合せ先】
社団法人におい・かおり環境協会
03-5835-0315
http://www.orea.or.jp/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi