ビオトープ管理士:資格取得でスキルアップ!

ビオトープ管理士
の試験日程・受験資格

 環境先進国である欧米などでは、自然生態系と人間社会の共存を目指す取組みを行われているが、 わが国においても最近では環境政策について見直されつつあります。ビオトープ管理士は、ビオトープ事業 ・自然再生事業を行うための知識や技術的能力を試験する。環境のスペシャリストとして、環境省などの中央省庁や一部 の地方自治体において、業務の入札資格が認められており、環境そのものに関わる企業や研究所、建設関係の分野で今後、 需要が見込まれる資格である。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆

【受験資格】
①4年制大学卒業後、7年以上の実務経験を有する者
②大学院(環境、土木、造園、農業、生物、都市計画、農村計画、法律関係に限る)を卒業後、5年以上の実務経験を有する者
③短期大学・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験を有する者
④高等学校卒業後、11年以上の実務経験を有する者
⑤中学校卒業後、14年以上の実務経験を有する者
⑥技術士(建設、農業、森林、水産、環境の5部門に限る)の資格を取得後、4年以上の実務経験を有する者
⑦2級ビオトープ施工管理士・2級ビオトープ計画管理士取得後、7年以上の実務経験を有する者
⑧1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技師で実務経験4年以上の者。
⑨2級土木施工管理技士・2級造園施工管理技師で実務経験7年以上の者。
⑩実務経験14年以上の者

【資格の概要】
ビオトープとは野生の生物が生活をする場所・環境のこと。
地域の自然生態系を守り取り戻す事業・自然再生事業を効果的に推進するために必要な、知識、技術、評価・応用能力をもつ者に与えられる資格です。
試験は「ビオトープ計画管理」しと「ビオトープ施工管理士」の2部門、それぞれ1級と2級がある。

【試験内容】
・1級(ビオトープ計画管理士・ビオトープ施工管理士)
 筆記試験〈共通科目〉①ビオトープ論 ②生態学 ③生態系保護論 ④環境関連法
       〈専門科目〉①土地利用計画(ビオトープ計画管理士)
              ①土木・造園(ビオトープ施工管理士)
*共通・専門科目共、択一式・記述式
       〈小論文〉・・ビオトープ管理士としての意志や信念
 口述試験・・・・・・ビオトープ管理士としての適正

・2級(ビオトープ計画管理士・ビオトープ施工管理士)
 筆記試験〈共通科目〉1級と一緒。(択一式・記述式)
       〈専門科目〉1級と一緒。(択一式)
 *級・部門により出題内容が異なります。

【受験日程】
9月下旬頃

【受験地】
札幌、仙台、秋田、郡山、東京、新潟、金沢、長野、浜松、名古屋、大阪、徳島、広島、福岡、鹿児島

【受験料】
1級・・13,000円   2級・・9,000円

【合格発表】
1級(筆記)・・11月中旬頃   1級(口述)・・12月下旬頃
2級・・12月下旬頃

【問い合せ先】
財団法人日本生態系協会ビオトープ管理士係
   03-5954-7106
   http://www.ecosys.or.jp/eco-japan/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi