環境カウンセラー:資格取得でスキルアップ!

環境カウンセラー
の試験日程・受験資格

 環境に関する専門知識や環境保全活動に豊富な経験を持つ人に対して、本人の申請に基づいて審査を行い、 「環境カウンセラー登録簿」に登録する制度。専門知識と経験を生かして教育機関やNGO、事業者などの環境保全活動に対する助言を 行うのが環境カウンセラーの仕事。登録期間は3年間で、更新するために毎年活動実績等報告書の提出が必要なほか、 第1回目の更新までに環境省が実施する研修を受講することが必要。環境保全対策、環境活動評価プログラムなど事業者を対象とした 環境カウンセリングを行う“事業者部門”と、市民団体などから環境問題、環境保全活動、組織運営等に関する相談に対する助言を 行ったり、環境学習講座の講師として活動する“市民部門”の2つの部門に区分される。 環境カウンセラーの多くは、市民活動やNGOに参加し、自ら積極的に環境保全活動を行っている。

【難易度】
★★☆☆

【受験資格】
〈事業者部門〉
①公害防止や環境管理に関する部門に所属した経歴や、事業者に環境保全のための助言を行った実績が10年以上ある者
② ①の条件の実績が5年以上あり、かつ環境保全に関する技術士などの資格を有する者、他

〈市民部門〉
①地域の環境保全活動の積極的に関わった経歴が5年以上ある者
②市民団体や教育機関などで環境保全に携わった経験が5年以上ある者、他

【受験日程】
面接審査・・1~2月

【受験地】
お問い合わせください

【受験料】
無料

【合格発表】
書類審査・・12月
面接審査・・3月

【問い合せ先】
環境省総合環境政策局環境教育推進室
   03-5521-8231
 http://www.env.go.jp/policy/counsel/index.html



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi