社会福祉士:資格取得でスキルアップ!

社会福祉士
の試験日程・受験資格

 日常生活が困難な高齢者や身障者などに対して、専門的な立場から適切なアドバイスをし、問題解決に向け指導を行うのが社会福祉士。 近年では児童虐待が問題視されることも少なくなく、児童福祉の分野からのニーズも高まっている。公的機関や民間企業、 特別養護老人ホームや児童相談所、福祉事務所などの福祉施設が社会福祉士の主な就職先となる。
 キャリアアップや就職・転職に有利な資格である。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆ 合格率27.4%(2007年)

【受験資格】
①4年制大学で指定科目を修めて卒業した者
②2年制(または3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(または1年以上)相談援助の業務に従事した者
③4年制大学を卒業し、社会福祉一般養成施設(1年以上)を卒業した者
④児童福祉司、身体障害者福祉司、福祉事務所の査察指導員、知的障害者福祉司および老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者

【試験内容】
①社会福祉原論 ②老人福祉論 ③障害者福祉論 ④児童福祉論 ⑤社会保障論
⑥公的扶助論 ⑦地域福祉論 ⑧社会福祉援助技術 ⑨心理学 ⑩社会学 ⑪法学 
⑫医学一般及び介護概論
*なお、精神保健福祉士である者については、その申請により上記試験科目のうち、社会福祉原論、社会保障論、公的扶助論、地域福祉論、心理学、社会学、法学及び医学一般の試験が免除される。

【受験日程】
1月下旬頃

【受験地】
北海道、青森、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡、鹿児島、沖縄

【受験料】
12,100円

【合格発表】
3月末日

【問い合せ先】
財団法人社会福祉振興・試験センター
   03-3486-7559
  http://www.sssc.or.jp/
厚生労働省
   http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/15.html

通信講座で資格取得を目指すなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi