視能訓練士:資格取得でスキルアップ!

視能訓練士
の試験日程・受験資格

 医師の指示により、弱視、斜視などの視機能障害者を回復させるため、治療計画の作成、訓練指導、検査などを行うのが視能訓練士。 眼科医院や総合病院などで検査や矯正訓練の業務を行うのがほとんどですが、最近では高齢者のリハビリなどといったニーズもあり、 需要に対して資格保持者が大幅に不足しています。
 視能訓練士の資格試験を受験するには、視能訓練士養成課程のある大学や視能訓練士養成校(3年以上)で必要な知識や技能を 修得するか、大学や短大、看護師や保育士の養成校などで指定科目を履修した後、視能訓練士養成校(1年以上)で必要な知識や技能を 修得する方法があります。
 女性に人気が高い資格で、視能訓練士の資格取得者の90%以上は女性が占めています。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆ 95.3%(2007年)

【受験資格】
①大学入学資格がある者で、文部科学大臣又は厚生労働大臣指定の学校か養成所で3年以上、必要な知識および技能を修得した者
②大学、養成所などで2年以上修業し、かつ指定科目を修めた者で、指定施設で必要な知識および技能を修得した者
③外国の視能訓練に関する学校等の卒業者などで、厚生労働大臣が①②と同等以上の知識および技能を有すると認定した者
など

【試験内容】
基礎医学大要、基礎視能矯正学、視能検査学、視能障害学及び視能訓練学

【受験日程】
3月上旬

【受験地】
東京・大阪

【受験料】
15,800円

【合格発表】
4月上旬

【問い合せ先】
関東信越厚生局  048-740-0810
近畿厚生局    06-6942-2241
厚生労働省  http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/15.html



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi