サッカー公認審判員:資格取得でスキルアップ!

サッカー公認審判員
の試験日程・受験資格

 Jリーグやワールドカップの影響もあって、近年盛り上がりを見せるサッカー。その試合においてルールに従って試合を裁いていくのが、サッカー公認審判員。実績を積むことによって、Jリーグや国際試合を担当することも可能となる資格です。
 サッカー公認審判員には4~1級と女子1級があり、4級、3級は都道府県サッカー協会、2級は地域サッカー協会、1級と女子1級は日本サッカー協会が認定します。まず、講習会に参加し4級を取得することから始まります。4級取得後、各協会の推薦や実績と経験を積むことで、上位資格に挑戦することが可能となります。激しい試合を担当することもしばしばで、3級以上の試験では、筆記のほか体力テスト、実技試験もあります。
 1級と女子1級の取得者の中から、毎年Jリーグ担当審判員と国際試合の審判員が推薦されます。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★☆☆☆

【受験資格】
〈4級〉満12歳以上で心身ともに、健康な者
〈3級〉4級取得者で一定の実績のある満15歳以上の者
〈2級〉3級取得後2年以上で、一定の実績を積んだ者
〈女子1級〉2級取得後2年以上で、実績のある34歳以下の女性(受検年の4月1日現在)
〈1級〉2級取得後2年以上で、実績のある34歳以下の者(受検年の4月1日現在)

【資格の概要】
日本サッカー協会の主催する試合、あるいはその傘下にある各サッカー協会の主催する試合、さらにはFIFA(フィファ/国際サッカー連盟)の主催する試合の審判を務めるための資格がサッカー公認審判員です。
 サッカーの公認審判員には各都道府県サッカー協会が認定する4級、3級、各地域サッカー協会が認定する2級、日本サッカー協会が認定する1級、女子1級があります。なお、1級の中から実績により毎年Jリーグ担当審判員(主審・副審)が、さらに国際試合を担当する事が出来る国際審判員(主審・副審)が推薦されます。同様に女子1級の中から実績により、国際審判員(主審・副審)が推薦されます。

【試験内容】
〈4級〉「4級審判員資格認定講習会」を受講することで資格を取得できる。
〈3級〉「3級審判員資格認定講習会」を受講し、筆記テスト(必須;競技規則)、
    体力テスト(必須;12分間走)、
    実技テスト(任意)に合格することで資格を取得できる。
〈2級〉「2級審判員資格認定講習会」を受講し、筆記テスト(必須;競技規則)、
    体力テスト(必須;12分間走・50M・200M)、
    実技テスト(必須)に合格することで資格を取得できる。
〈女子1級〉「女子1級審判員資格認定講習会」を受講し、筆記テスト(必須;競技規則)、
       体力テスト(必須;12分間走・50M×2・200M×2)、
       実技テスト(必須)に合格することで資格を取得できる。
〈1級〉「1級審判員資格認定講習会」を受講し、筆記テスト(必須;競技規則)、
    体力テスト(必須;12分間走・50M×2・200M×2)、
    実技テスト(必須)に合格することで資格を取得できる

【受験日程】
随時

【受験地】
お問い合わせください

【受験料】
無料~各種催による

【合格発表】
お問い合わせください

【問い合せ先】
各級の各主催団体
日本サッカー協会
   http://www.jfa.or.jp/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi