鍵師:資格取得でスキルアップ!

鍵師
の試験日程・受験資格

 ピッキングによる空き巣被害が多発し、防犯に対する人々の関心の高まりから、鍵を製作するメーカーでは、 ディンプル錠など様々なピッキング対策錠が開発されています。 鍵師は、こうした錠前の専門知識、錠の取付け、交換や鍵を壊さないで開錠するといった高度な技術をもつ専門家。
 日本鍵師協会により、2級からマスターまで3段階に分けて認定されます。鍵師を目指すなら、2級から順に受験していく手はずを 踏むことになります。まずはスクールに通って技術や業界の知識を学ぶ必要があります。
 鍵師の資格を取得した後、開業することも可能ですが、ディンプル錠や新しい認証開錠システムの登場で、 昔の技術は通用しなくなってきているという厳しい現状もあり、電気錠の取付けやシステムに関する知識を積極的に学ぶのが大事です。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆ 合格率・・・1級:40%、2級:70%

【受験資格】
〈マスター〉1級取得者
〈1級〉2級取得者
〈2級〉満年齢18才以上で、原則として日本国籍を有するもの。

【資格の概要】
セキュリティの観点から錠前、鍵が多用されるようになるに従い取り付けや交換、鍵を壊さずに開錠する技術も必要になってきました。こうした技術と高い倫理観を持った専門家に認定される2級からマスターまで3レベルの資格。

【試験内容】
〈2級〉筆記試験:錠前全般についての専門的基礎知識について問われます。
          選択問題と記述問題両方が出題されます。
    実技試験:玄関錠を含む数種類の一般普及錠を、ピッキングの手法で、
          一定時間内に一定割合以上開錠する技能を問われます
〈1級〉筆記試験:錠前全般についての専門的知識について問われます。
          選択問題と記述問題両方が出題されます。
    実技試験:数種類の錠前を、ピッキングの手法で開錠する技術並びに
          シリンダーから合鍵を作製する技能が問われます。
〈マスター〉未定

【受験日程】
〈2級〉3月
〈1級〉10月

【受験地】
お問い合わせください

【受験料】
〈2級〉18,000円・・登録料5,000円(2年間有効)証明証作成料1,500円の合計6,500円
〈1級〉20,000円・・登録料8,000円(2年間有効)証明証作成料1,500円の合計9,500円  
(消費税込み)  

【合格発表】
試験日よりおよそ10日後に郵送で通知します

【問い合せ先】
ビジネス教育連盟日本鍵師協会
  http://www.kagishi.com/



 企業としての信頼感や金利の低さはもちろん、困ったときに頼りになるのが銀行カードローン。その魅力とは?
銀行カードローン



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi