賞状技法士:資格取得でスキルアップ!

賞状技法士
の試験日程・受験資格

 パソコンの普及によって文字を書く機会は減少しているものの、卒業式や各種コンクールなどで手渡される賞状やご祝儀袋の表書き、 封書の宛名書きなど、美しい毛筆を書く技能を活かす機会は意外と多いものです。 賞状技法士は、毛筆の技能をビジネスとして提供する資格で、企業や自治体から仕事を請け負うなど、今でも様々な場面で需要があります。
 賞状技法士の資格を取得するには、日本賞状技法士協会の講座に参加し、修了・検定課題に合格する必要があります。 協会では通学講座、通信講座を用意しており、3級から1級のレベルがあります。賞状技法士の資格を仕事で活かしたいなら、 2級以上の取得が必要です。 ただし、この資格だけで生活を支えることは難しいのが現実であり、副収入や就職・転職時の+α程度を目的とした方が良いといえます。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★☆☆☆

【受験資格】
誰でも受験できます

【資格の概要】
賞状や封書の宛名など毛筆書きを請け負う仕事3~1級のランクがあり副業とするならば2級以上が必要

【試験内容】
日本賞状技法士協会主催の講座と(希望者にはスクーリングあり)
通学部があります。
詳細はお問い合わせください

【受験日程】 
〈通信教育部〉随時
〈通学部〉5・6月、10・11月

【受験地】
〈通学部〉東京、横浜

【受験料】
〈3・2級〉10,500円   〈準1級〉15,750円   〈1級〉11,000円

【受講料〈通信教育部〉74,250円】
〈通学部〉お問い合わせください

【合格発表】
お問い合わせください

【問い合せ先】
日本賞状技法士協会
   03-5565-3760
   http://www.atene-kyoiku.co.jp/maeda1.html



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi