トレーニング指導士:資格取得でスキルアップ!

トレーニング指導士
の試験日程・受験資格

 トレーニング指導士は、(財)日本体育施設協会が認定する資格で、スポーツジムやトレーニングクラブなどで、利用者にトレーニングの方法をアドバイスします。
 同協会のトレーニング指導士養成講習会(5日間)に参加した後、認定試験に合格すると資格を取得できます。実技や理論、栄養学やトレーニング生理学などの知識を学び、一人一人にあったトレーニング方法を適切にアドバイスするのがトレーニング指導士の仕事です。
 トレーニング指導士だけで就職の際にアピールするのは厳しく、他の資格と組み合わせることで自分をアピールする必要があります。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆ 合格率66.7%

【受験資格】
20歳以上で、ウェイトトレーニング、サーキットトレーニングなどを社会体育施設等で1年以上指導経験した者ほか

【試験内容(講習会の内容)】
〈理論〉①トレーニング生理学 ②トレーニングと栄養 ③体力測定法
     ④トレーニング場運営・管理 ⑤スポーツ障害 ⑥スポーツ法学
     ⑦スポーツ、トレーニング理論 ⑧レジスタンス・トレーニング理論
    ⑨中高年のトレーニング理論 ⑩解剖学 ⑪トレーニング法および
      トレーニングマシーンの発達  
〈実技〉①トレーニングの実習 ②ウエイト・トレーニング器具と実習
     ③ストレッチング&エアロビクスの実習 ④テーピングの実習
     ⑤スポーツマッサージの実習 ⑥救急法の実習

【受験日程】
随時

【受験地】
東京

【受験料】
15,000円

【合格発表】
講習で取得講習で取得

【問い合せ先】
財団法人日本体育施設協会
   03-3401-7976
   http://www.jp-taiikushisetsu.or.jp/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi