気象予報士:資格取得でスキルアップ!

気象予報士
の試験日程・受験資格

 テレビの天気予報のコーナーに出てくる気象予報士を思い浮かべる方がほとんどでしょうが、気象予報士の仕事は、予報だけにとどまりません。
 予報、観測のほかに、気象に関するマーケティング、コンサルタント等、多岐にわたります。よく聞くアメダスや気象レーダー、気象衛星などの観測データを総合的に分析し、現象の予想を行う職種で、農業、漁業、運輸、交通、レジャーなどの分野で潜在的なニーズは大きく、将来有望な資格と考えられています。
 合格率は5%前後と超難関な国家資格です。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★★ 合格率5.1%(2006年8月)

【受験資格】
誰でも受験できます

【試験内容】
学科(多肢選択式)
①予報業務に関する一般知識
  ①大気の構造、②大気の熱力学、③降水過程、④大気における放射、⑤大気の力学、
  ⑥気象現象、⑦気候の変動、⑧気象業務法その他の気象業務に関する法規
②予報業務に関する専門知識
  ①観測の成果の利用、②数値予報、③短期予報・中期予報、④長期予報、⑤局地予報、
  ⑥短時間予報、⑦気象災害、⑧予想の精度の評価、⑨気象の予想の応用

実地(記述式)
①気象概況およびその変動の把握
②局地的な気象の予想
③台風等緊急時における対応

*科目免除(以下のものは学科試験の一部もしくは全てが免除になります。)
・気象長官の定める予報業務および観測業務に従事する者の養成過程を修了し、3年以上予報業務を経験した者
・応用理学部門の技術士資格の有資格者で3年以上予報業務を経験した者、国の行政機関7年以上予報業務および観測業務を経験した者
・学科試験に合格した者(その後1年以内に行われる試験に限り合格科目を免除)

【受験日程】
1月下旬頃、8月下旬頃

【受験地】
北海道、宮城、東京、大阪、福岡、沖縄

【受験料】
11,400円

【合格発表】
3月上旬頃、10月上旬頃

【問い合せ先】
財団法人気象業務支援センター試験部
   03-5281-3664
   http://www.jmbsc.or.jp/

通信講座・通学教育で資格取得を目指すなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi