調理師:資格取得でスキルアップ!

調理師
の試験日程・受験資格

 飲食店で調理を行う人の技能は必要だが、健康への関心が高まった現代においては、栄養学、食品学、衛生学といった知識を保持していることも重要である。調理業務自体は、調理師の資格を持っていなくても構わないが、資格保持者が就職、転職に対して有利なのは明白。
 調理師はキャリアアップのほかに、転職や就職にも有利な資格で、食品衛生責任者の資格も併せて取得すれば、レストランなどの独立・開業も夢ではない。しかし、できるなら他の飲食業界に関連する資格も取得すると個人のスキルアップや周りからの評価へと結びつくでしょう。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆

【受験資格】
下記1~4までのいずれかの学歴を持ち、5の実務経験をもつものが受験できます。
①中学校卒業者 ②小学校卒業者出5年以上調理業務経験者
③旧制国民学校高等科修了者、旧制中学校2年過程修了者又は、労働大臣が認定した者
④各種外国人学校 中等部卒業者 ⑤以下のいずれかで2年以上調理業務経験者。
a. 学校、病院、寮などの給食施設(継続して1日20食以上又は1日50食以上調理する施設)
b. 飲食店(旅館、簡易宿泊所を含む)
c. 惣菜製造業
d. 魚介類販売業③栄養士要請学校等〈4年生〉を卒業し、栄養士資格を取得した者。

【資格の概要】
資格を取得しないと調理師と名乗ることができない。
衛生法規、公衆衛生学、栄養学、他について調理に必要な知識を試験して、各都道府県知事より免許を受けた者

【試験内容】
①衛生法規 ②公衆衛生学 ③栄養学 ④食品学 ⑤食品衛生学 ⑥調理理論 ⑦食文化概論

【受験日程】
各都道府県ごとで年1回以上

【受験地】
各都道府県の指定した受験会場

【受験料】
お問い合わせ下さい

【合格発表】
受験日より約2ヶ月後

【問い合せ先】
地方厚生局
   http://www.mhlw.go.jp/general/sikaku/20.html

通信講座・通学教育で資格取得を目指すなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi