製菓衛生士:資格取得でスキルアップ!

製菓衛生士
の試験日程・受験資格

近年、菓子製造業界は拡大傾向にあり、パティシエは女性に大人気の職業のひとつとなった。 製菓衛生士は、おいしいお菓子やパンを作るための資質や技術、公衆衛生などに関する知識が問われる国家資格で、 ケーキ職人として就職するには有利な資格である。
 技術だけではなく、製菓材料の添加物チェックや製品の安全性、貯蔵のための衛生管理・監督といった知識を身につける。
 レストランやホテルなどでデザート・製菓製造部門での就職や、菓子店、菓子メーカーへ就職する人が多い。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆

【受験資格】
①厚生労働大臣の指定の製菓衛生士養成施設において、1年以上必要な知識、技能等を修得した者。
②中学校卒業者で、食品衛生法第20条の規定による菓子製造業施設で2年以上製菓業務に従事した者。

【資格の概要】
お菓子などの製菓をつくるには味、技術の上に公衆衛生・安全性(添加物)などの知識が問われる。その専門的知識の証明となり、製菓製造の就職や独立、インストラクターになるには有利だといえる。

【試験内容】
①衛生法規 ②公衆衛生学 ③栄養学 ④食品学 ⑤食品衛生学 ⑥製菓理論・実技

【受験日程】
各都道府県によって異なります。

【受験地】
お問い合わせください

【受験料】
9,500円 ※東京都の場合

【問い合せ先】
各都道府県衛生主管部(局)製菓衛生師試験担当課
   http://www.metro.tokyo.jp

関連資格



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi