中国語検定試験:資格取得でスキルアップ!

中国語検定試験
の試験日程・受験資格

 近年、日本企業の海外取引において中国は大きな市場となっている。中国市場と日本企業との関係が今後も強くなっていくことを 考えると、中国語を使える人材ニーズは高まると予想される。中国語検定試験は、日本中国語検定協会が主催する検定で、 数ある語学検定の中では古くからある検定で、1981年が始まりである。検定レベルには、1級、2級、準2級、3級、4級、準4級の 6段階が用意されているが、1級は超難関である。
実務に活用したいなら準2級以上の取得を目指したい。
 また、おなじ中国語の語学系資格として、中国語コミュニケーション能力検定やHSK(漢語水平考試)を受ける手段もあるが、 アジア市場と深い関係を持つ企業へ就職するなら、ハングル語検定などの同じアジア圏の語学を学ぶのがよいように思われる。 また英語力もできれば身に着けたほうがよい。
<スポンサードリンク>

合格率
1.8%(1級)、12.7%(準1級)、14.3%(2級)、43.1%(3級)
46.4%(4級)、70.3%(5級) ※1級は2006年11月、そのほかは2007年6月

受験資格
誰でも受験できます

【試験内容】
〈準4級〉基礎単語約500語、ピンインの読み・綴り、単文の基本文型、日常挨拶語約50~80
〈 4級〉単語の意味,漢字のピンインへの表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ。
     常用語500~1,000による中国語単文の日本語訳と日本語の中国語訳
〈 3級〉単語の意味,漢字のピンインへの表記がえ,ピンインの漢字への表記がえ。
     常用語1,000~2,000による中国語複文の日本語訳と日本語の中国語訳
〈 2級〉単語・熟語・慣用句の日本語訳・中国語訳、多音語・軽声、語句の用法の誤り指摘、
     100~300字程度の文章の日本語訳・中国語訳
〈準1級〉新聞・雑誌・文学作品・実用文等やや難度の高い文章の日本語訳・中国語訳
〈 1級〉
1次試験・・時事用語も含む高難度の文章の日本語訳・中国語訳。熟語、慣用句等含む総合問題
2次試験・・中国人との会話及び通訳

【受験日程】
〈1級〉11月第4日曜日
〈準1~準4級〉3月第4、6月第4、11月第4日曜日

【受験地】
各都道府県、北京、上海

【受験料】
〈準4級〉3,150円  〈4級〉3,675円   〈3級〉4,725円
〈2級〉6,825円   〈準1級〉7,875円  〈1級〉8,925円

【合格発表】
受験日から約2週間後

【問い合せ先】
日本中国語検定協会
   03-3818-6211
   http://www.chuken.gr.jp/

通信講座で中国語を学ぶなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi