ディジタル技術検定:資格取得でスキルアップ!

ディジタル技術検定
の試験日程・受験資格

 情報処理の世界では、ソフトウェア以外にも、コンピュータを制御するハードウェアの知識も必要である 。ディジタル技術検定は、情報処理の一般知識のほかに論理回路、計測、制御理論、 計算機などハードウェアを制御するためのコンピュータ知識を問う試験である。
 ディジタル技能検定は、1~5級までの5段階があり、中学・高校といった学生から実務に携わる技術者までと広く受験する試験です。 1級と2級には情報部門と制御部門の2分野があり、 情報部門では情報処理やプログラミングの知識、制御部門では設計理論や制御システムの知識が試験で問われます。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆ 
 合格率は平均して5級が86%、4級が82%、3級が52%、2級情報が63%、2級制御が45%、1級情報が17%、1級制御が9%

【受験資格】
誰でも受験できます

【資格の概要】
この検定は、情報処理ならびに制御に関する技能を、ディジタル技術という観点からまとめて評価しようとするものです。試験内容は、情報処理や制御に共通な基礎知識、論理回路、計測、制御理論、計算機のハードウェア、ソフトウェアなどですが、どちらかといえばコンピュータの仕組みといった製造にかかわるハード系の知識が問われます。

【試験内容】 
〈5級〉①コンピュータの基本知識 ②ソフトウェア知識 ③コンピュータ応用知識
〈4級〉①理科・技術の知識 ②アナログ・ディジタル知識 ③2進数の演算
    ④ディジタル論理素子知識 ⑤電気・物理変換の原理的な知識
    ⑥計算機の構成・制御の知識 ⑦ソフトウェア用語 ⑧計算機応用機器の操作
〈3級〉①電子部品・電気回路の基礎知識 ②アナログ・ディジタル変換知識
    ③2進数、10進数、16進数の演算・相互変換 ④論理回路知識
    ⑤計測・制御機器・素子の知識 ⑥計算機の構成・制御の知識
    ⑦ソフトウェア知識 ⑧コンピュータの利用方法
〈2級〉--情報部門--
   ①情報処理理論・情報通信理論の知識 ②ファイル設計・データ構造の基本知識
   ③計算機本体装置知識 ④計算機周辺機器知識 ⑤計測・制御ソフトウェア知識
   ⑥数値解析手法原理 ⑦プログラミングの設計、試験・運用
   ⑧システム構成のソフト知識
--制御部門--
   ①電子素子・電子回路知識 ②アナログ・ディジタル変換知識
   ③論理設計知識、論理回路設計 ④計測・制御機器知識 ⑤計算機・計算機関連機器
   ⑥補助記憶装置・入出力装置知識 ⑦ソフトウェア知識 ⑧ディジタル応用機器概要
〈1級〉--情報部門--
   ①情報処理システムに必要な情報処理理論・情報通信理論
   ②計算機・計算機関連機器の構造 ③マンマシンインターフェース知識、
プログラム作成 ④システムプログラム・応用パッケージの適用領域知識。
   ⑤ソフトウェア生産管理・システム構成論 ⑥ネットワークの設計・選定
   ⑦情報処理システムの導入・運用
--制御部門--
   ①回路理論・アナログ電子回路 ②論理設計理論・自動制御理論
   ③通信システム ④計測・制御機器 ⑤計算機・計算機関連機器
   ⑥ハードウェア対応のプログラム作成 ⑦制御システム設計・運用
   ⑧計算機応用機器概要

【受験日程】
〈1級〉・・11月下旬頃
〈2~5級〉・・6月下旬頃、11月下旬頃

【受験地】
全国各地
参照先 ⇒ http://www.digital.kentei.or.jp/hall.html

【受験料】
〈1級〉5,500円(情報、制御部門同時受験の場合は11,000円)
〈2級〉4,500円
〈3級〉3,500円
〈4級〉2,500円
〈5級〉1,500円

【合格発表】
試験日より40日以内に通知

【問い合せ先】
財団法人実務技能検定協会ディジタル技術検定部
   03-3208-8948
   http://www.digital.kentei.or.jp/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi