ソフトウエア開発技術者:資格取得でスキルアップ!

ソフトウエア開発技術者
の試験日程・受験資格

 基本情報技術者の上位資格。プログラミングがメインの基本情報技術者より専門性が高く、有資格者の中には情報システムの設計に携わるSEとして活躍している人も多いです。
 プログラミングが主な仕事となる基本情報技術者と、アプリケーションエンジニア、プロジェクトマネージャなどの最上位技術者との中間に位置する資格。基本情報技術者の資格を得た人がめざす、第二のステップと考えていいでしょう。取得後は、上位技術者資格に挑戦する(一定期間午前試験免除)か、専門分野を極めるテクニカルエンジニア資格に挑戦するのが一般的です。
 したがって試験の内容は、プログラミングなどプログラム作成の作業そのものというより、トータルな情報システムの設計に比重が置かれています。また、プログラムが単体(部分)として機能するかということに加え、情報システム全体の中でいかに効果的に機能させるかという結合性の知識・技術も重要。さらには、基本情報技術者を指導する役割も期待されている。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆ 合格率18.2% ※2007年春

【受験資格】
誰でも受験できます

【資格の概要】
開発工程の様々な過程において発生する業務について試験する国家資格。
基本情報技術者と、アプリケーションエンジニア、プロダクトマネージャーなどの最上位技術者との中間に位置する資格。ステップアップとしてテクニカルエンジニアを狙うのが一般的といえる。
実務経験年数が少ないうちの転職には有利。

【試験内容】
〈出題形式は多肢選択式―80問・記述式Ⅰ―6問・記述式Ⅱ―1問〉
①ソフトウエア工学 ②アルゴリズム ③システム構成技術 ④システム開発
⑤通信ネットワーク ⑥データ構造およびデータベース ⑦情報セキュリティ
⑧システム評価 

【受験日程】
4・10月第3日曜日

【受験地】
全国各地

【受験料】
5,100円

【合格発表】
試験後2ヶ月ほど

【問い合わせ先】
独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター
   03-5978-7600
   http://www.jitec.jp/

関連資格の通信講座



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi