宅地建物取引主任者:資格取得でスキルアップ!

宅地建物取引主任者
の試験日程・受験資格

宅地建物取引主任者は、法律で設置義務が定められている、不動産取引に必須の資格です。「宅建」の略称でもおなじみですよね。 不況にあっても、不動産の取引には根強い需要があるため、宅地建物取引主任者は安定した人気を誇っている資格。 近年では、銀行や保険会社などの業界にも活躍の場が広がっています。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆ 合格率15.3%

【受験資格】
誰でも受験できます

【資格の概要】
不動産を取り扱う際、契約書を作成したり、売買・賃金物件について重要事項の説明、重要事項説明書への記名と押印、契約書への記名と 押印の3つについてが独占業務。
事業所の5人に1人の割合で有資格者を置くことが義務づけられているため、この資格なしでの開業は不可能です。

【試験内容】
①土地の形質、地積、地目および種別並びに建物の形質、構造および種別
②土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令
③土地および建物についての法令上の制限
④宅地および建物についての税に関する法令
⑤宅地および建物の需給に関する法令および実務
⑥宅地および建物の価格の評定
⑦宅地建物取引業法および同法の関係法令

【受験日程】
10月第3日曜日

【受験地】
原則として本人が籍をおく都道府県

【受験料】
7,000円

【合格発表】
12月上旬

【問い合わせ先】
(財)不動産適正取引推進機構
   03-3435-8181
   http://www.retio.or.jp/

通信講座で資格取得を目指すなら

LEC宅建通信講座 資格・教育 ヒューマンアカデミー



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi