米国税理士(EA):資格取得でスキルアップ!

米国税理士(EA)
の試験日程・受験資格

 米国税理士は、米国における申告代理業務を行います。基本的に日本の税理士と同じ業務を行います。申告代理業務自体、米国公認会計士でも行うことが可能ですが、州の資格である米国公認会計士に対して、米国税理士は全米に通用する資格であるという相違点があります。また、公認会計士の対象となるのは法人企業だけですが、米国では申告は個人で行うため、米国税理士のニーズは高いということになります。
 米国税理士の試験合格後は、継続研修が義務付けられているのが特徴で、合格後、3年間に72時間以上かつ年間16時間以上の研修を消化する必要があります。3年で1サイクルの継続研修が消化されなかった場合、資格は停止されてしまいます。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆ 合格率34%(2002年度)

【受験資格】
なし

【年齢制限】
なし

【学歴制限】
なし

【資格の概要】
 日本の税理士と同じく申告代理業務を行う。米国公認会計士と違い州を選ばず全米で通用し、対象は個人である。(米国は個人が申告をする)
 試験合格後は継続研修が義務づけられ(合格後の3年間に72時間以上、年間16時間以上)3年間で1サイクル消化されないと資格は停止となる。
 受験は海外各地で受けることができ、日本でも実施されている。



 企業としての信頼感や金利の低さはもちろん、困ったときに頼りになるのが銀行カードローン。その魅力とは?
銀行カードローン



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi