翻訳技能認定試験:資格取得でスキルアップ!

翻訳技能認定試験
の試験日程・受験資格

 翻訳技能認定試験は、翻訳者の技能水準の向上を図ると同時に、翻訳業務の専門性の確立と翻訳に対する社会的評価を高めるうえで重要な役割を果たしている試験です。
 翻訳と聞いて、小説を翻訳する出版翻訳と映画の字幕を製作する映像翻訳を思い浮かべる方も多いと思いますが、実際は、機械類のマニュアルや社外文書などを翻訳する産業翻訳が約90%を占めます。企業の翻訳関係部門に所属するか、通訳者の派遣会社に登録するほか、フリーランスも多いのが翻訳者であり、独立にも向いた資格といえます。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★☆

【受験資格】
誰でも受験できます

【試験内容】
英語、中国語の二言語(英⇔日、中⇔日)

翻訳技能認定試験は、共通知識問題と部門別技能試験問題とで構成されています。

【共通知識問題】
翻訳を行うときの基礎となる文法、構文、パラグラフ、文体等の知識が問われるます。

【部門別技能試験問題】
翻訳の実技能力を測る。本年度は、英日翻訳、日英翻訳に関しては、次の4部門で実施。

①文化、芸術、スポーツ ②法律、政治、経済
③工学、科学、化学   ④医学、薬学、バイオ
①~④の中から1つ選択、中国語は①のみ。

試験問題は、各級とも文法、構文、文体の知識を測る共通知識問題(60分)と実技能力を測る部門別技能試験問題(120分)で構成。また、試験会場には辞書3冊までの持ち込みが認められています。

【合格ライン】

1級  共通問題 60点以上   部門別技能試験 90点以上

2級  共通問題 60点以上   部門別技能試験 80点以上

3級  共通問題 60点以上   部門別技能検定 65点以上

4級  共通問題 60点以上   部門別技能検定 50点以上
  
基礎級 共通問題 60点以上  部門別技能検定 50点未満

【受験日程】
英語・・・・6月、10月
中国語・・・10月

※試験結果の発表は1ヵ月半後

【受験地】
札幌、東京、大阪

【受験料】
一律10,500円(消費税込)

【問い合わせ先】
社団法人日本翻訳協会
   03-3568-6257
   http://www.jta-net.or.jp/



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi