証券アナリスト:資格取得でスキルアップ!

証券アナリスト
の試験日程・受験資格

証券アナリストとは、証券投資に関する情報収集・分析、投資価値評価のプロフェッショナルです。かつては金融の専門家のみが挑戦する資格でしたが、資産運用・証券投資の必要性が高まる中、主婦や学生など裾野を広げることを目的に、基礎講座がスタート。従来の試験制度の入門編としての役割が期待されています。
 1次試験の受験者数は年々減少の傾向にありますが、合格率は例年45%強で推移しており、2次試験でも40%程度と、民間資格の中では難易度が高いです。ただし、受験者数は、2004年から始まった基礎講座によって増加する可能性があります。最初の基礎講座修了者が挑戦する2005年試験の動向に注目です。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆

【受験資格】

一次試験・・・・協会主催の「1次レベル通信教育口座」を受講した者
*科目ごとに受講・受験も可能だが、通信教育終了後は連続して連続3回までの受験資格が与えられる。ただし3回目までに合格でいない科目は再度通信教育口座を受講しなければならない。
*合格実績が失効となる場合
 1つの科目を受講してから4年間のうちに全ての科目を受講しない場合
 3回連続で不合格になった科目について、ただちに再受講しない場合
 3科目に合格した年から3年の間に第2次レベルの講座を受講しない場合

二次試験・・・・1次試験に合格後「2次レベル通信教育口座」を受講した者
*科目ごとの受講・受験はない。講座の終了後は連続3回までの受験資格が 与えられる。3回目までに合格できなければ再受講しなければならない。

【資格の概要】
 経済、経営情報をもとに株式や証券などの有価証券の投資価値の評価、分析を行うリサーチ・アナリストと、機関投資家の総合的な資産運用(資産構成の設計、運用、管理)にあたるポートフォリオ・マネージャー、投資アドバイスを行う投資顧問、金融商品の開発にあたるファイナンシャル・エンジニア
などが業務の代表といえる。
 一次と二次試験に分かれれおり、通信教育口座を受講したのち試験を各試験で行い、合格後に実務経験が3年以上あるものが名乗ることができる。

【試験内容】

一次試験・・・・〈選択式・穴埋め〉
        ①証券分析とポートフォリオ・マネジメント
        ②財務分析③経済

二次試験・・・・〈記述式〉
        与えられたケースや情報・データを分析し結論を引き出す

【受験日程】
一次試験・・・・通信講座6月~翌年1月
        試験  4月、10月
二次試験・・・・通信講座8月~翌年4月
        試験  6月、12月

【受験地】
一次試験・・・・札幌、仙台、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡、ニューヨーク
        ロンドン、香港
二次試験・・・・同上

【受験料】
1次講座:54、000円、一次試験12,000円(3科目)、2次講座51,000円、二次試験8,000円

【問い合わせ先】
(社)日本証券アナリスト協会 教育担当
   03-3666-1511
   http://www.saa.or.jp/

通信講座で資格取得を目指すなら

証券アナリスト講座ならTAC


 ゴールドカードを持つメリットや、個人のライフスタイルに合わせた選び方などが分かる、ゴールドカードの比較情報サイトはこちら
ゴールドカード・ウェブ



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi