中小企業診断士:資格取得でスキルアップ!

中小企業診断士
の試験日程・受験資格

中小企業診断士は、経営コンサルタントに関する唯一の国家資格です。有資格者は、中小企業の経営の安定・発展をめざす経営診断・助言・支援を行うエキスパートとして働きます。中小企業診断士は、「診断士」という名称ですが、近年は「診断」だけでなく、経営トップの相談に乗り、企業経営全般を「支援」する能力が強く求められています。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★☆☆ 合格率・・・1次:18.9%(2007年)、2次:20.1%(2006年)

【受験資格】
誰でも受験できます

【資格の概要】
経営コンサルタントに関する唯一の国家資格
中小企業や個人商店などの経営状態を診断したり、企業経営の経営理念、経営戦略の策定、人材育成、財務指導、設備や労務などの支援やコンサルティングする。
試験は1次と2次試験があり、2次試験の合格後はインターンシップとして15日以上の実務補習、実務従事が必要。

【試験内容】
一次試験・・・・〈多肢選択式、短答式〉
        ①経済学、経済政策 ②財務、会計 ③企業経営理論
        ④運営管理、オペレーション・マネージメント
        ⑤経営法務 ⑥新規事業開発 ⑦経営情報システム
        ⑧中小企業経営、中小企業政策、助言理論
二次試験・・・・〈筆記試験〉
          中小企業の診断および助言に関する実務の事例
         〈口述試験〉
          筆記試験の事例に基づき個人面接を実施
*司法試験、公認会計士、不動産鑑定士、税理士、情報処理技術者の試験合格者は新生により1次試験の一部科目が免除される。詳細は中小企業診断協会へ確認して下さい。

【受験日程】
一次試験・・・・8月上旬の土・日曜日
二次試験・・・・〈筆記試験〉10月上旬の日曜日
         〈口述試験〉12月上旬の日曜日

【受験地】
札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡(1・2次試験とも)

【受験料】
一次試験・・・・14,400円
二次試験・・・・17,900円

【問い合わせ先】
(社)中小企業診断協会
   http://www.j-smeca.or.jp

通信講座で資格取得を目指すなら



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi