弁理士:資格取得でスキルアップ!

弁理士
の試験日程・受験資格

弁理士とは、工業所有権に属する特許・商標などに関して、特許庁への出願の代行、特権の権利侵害の審判請求や訴訟、工業所有権そのものの鑑定を行う仕事です。理系の司法試験といわれるほどの難関資格だったのですが、2002年度から試験制度が変わって合格者数が増加、文系出身者の活躍も期待されています。
<スポンサードリンク>

【難易度】
★★★★ 合格率6.9%

【受験資格】
特に規制はありません

【資格の概要】
工業所有権に属する特許権、実用新案権、意匠権、商標権などに関して特許庁への出願の代行、権利の侵害に関する審判請求などを独占業務とする。
弁護士や公認会計士に並ぶ超難関試験

【無試験で登録できる資格】
行政書士

【試験内容】
短答式試験・・・①特許法、実用新案法②意匠法③商標法④工業所有権に関する条約
          ⑤著作権、不正競争防止法
論文式試験・・・〈必須科目〉
         ①特許法、実用新案法②意匠法③商標法
          〈選択科目 事前に選択した1科目〉
          ①地球工学②機会工学③物理工学④情報通信工学
          ⑤応用科学⑥バイオテクノロジー⑦弁理士の業務に関する法律
口述試験・・・・①特許法、実用新案法②意匠法③商標法

【受験日程】
短答式・・・・5月中旬~下旬
論文式必須・・6下旬~7月上旬
論文式選択・・7月下旬~8月上旬
口述式・・・・10月中旬~下旬

【受験地】
短答式・・・・東京、大阪、仙台、名古屋、福岡
論文式必須・・東京、大阪
論文式選択・・東京、大阪
口述式・・・・東京

【受験料】
12,000円

【問い合わせ先】
特許庁総務部秘書課弁理士室 試験第一係
   03-3581-1101
   http://www.jpo.go.jp/

通信講座・通学教育で資格取得を目指すなら



 企業としての信頼感や金利の低さはもちろん、困ったときに頼りになるのが銀行カードローン。その魅力とは?
銀行カードローン



就職や転職に役立つ資格

ユーキャン 資料請求 がくぶんの通信講座

プラチナカードnavi